脊柱管狭窄症のリハビリをしよう~ビリビリ解消痛み知らず~

女性

頭が痛い時どうしてますか

先生

頭痛を発症する人はたくさんいますが、中には偏頭痛で辛い思いをしている人がいます。耐えられない痛みや薬に効果が無い場合は、一度頭痛外来など専門の診療機関で診てもらう事も必要なのではないでしょうか。薬が効かず対処できない場合は早目に受診してみてください。

現代人を襲う頭痛

整体

偏頭痛は現代人に多く見られる原因がよくわかっていない頭痛である。偏頭痛を治すのにおすすめなのは「トリプタン製剤を飲む」「痛む部分を冷やす」「カフェインを摂取する」の三つだ。この三つが私の勧める治し方である。

あたまが痛いときには

病院

頭痛の治し方の一つに、ツボ押しがあります。特に、目の内側にあるさんちくや、首の付け根にある天柱が効果的です。それでも治らない時には、医師の診察を受けて、薬を処方してもらうのが良いです。医師に相談すれば、その頭痛解消に適した様々な治療を提案してくれるのです。

脊柱の症状

肩凝り

脊柱管狭窄症の診断は、症状詳しく確認して足の力や痺れの部位などを調べて外来で核磁気共鳴画像で神経調べて行われます。詳しい状態を調べるには入院して腰から注射をして、レントゲン画像を撮影します。リハビリとしては、腰を曲げて徒歩して腰を冷たくしないことに注意することが重要です。脊柱管狭窄症の痛みを抑えるための痛止めと、圧縮した神経の血流を改善する薬が使われます。効果としては副作用で胃の不調がある場合には、漢方薬があります。それでも、痛みが緩和しないときには、手術で神経の通り道を広げることになります。腰の手術は慎重に検査を受けて安全に行われています。脊柱管狭窄症はリハビリと併用することで薬の処方を徐々に減らすことが可能です。

脊柱管狭窄症は手術後は長期間に布団で寝ていることは少なく、数日で歩ける病院が多いです。個人差はありますが骨が少しずれていて、対策として棒が使用する場合があります。手術は個人差があり様々です。旅行や仕事をしたい人は歩けても、手術やリハビリをする人もいます。手術を行わなくても、リハビリを自宅の中ですれば痛みを軽減できます。自分の生活に合わせた、無理のない医師と慎重に相談して、理解と合意を得た上で納得したリハビリをすることが大事です。リハビリは、機能の回復を目的として関節の曲げ伸ばしと再び元に戻す意味があります。個人らしく生きることが大切で怪我、老化など様々な原因で生じた身体の障害に元の身体で生活することが大切です。